Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドコモ口座」経由の不正チャージ - 125件2842万円の被害を確認

NTTドコモは、ウォレットサービス「ドコモ口座」を通じて、金融機関から不正に金銭が引き出された問題で、実際に被害が確認された件数を明らかにした。

同社は、従来より金融機関から寄せられた被害の申告件数を公表してきたが、実際は被害が生じていないケースなども含まれていたことから、事実確認によって被害が認められた被害の状況について取りまとめ、あらたに公表したもの。

10月7日18時の時点で実際に確認されている被害は125件、2842万円だという。内訳を見ると、金融機関から申告を受けたものが108件で2467万円、同社窓口に対する申告や同社調査で判明したものが17件、375万円だった。

いずれもこれまでに被害の申告を受けていた11の金融機関で確認されたもので、同社が新規口座登録を停止した9月10日以前にチャージされたものだった。

また同社へ金融機関より寄せられている申告件数は、199件、2658万円となっている。一時249件、2938万円となったが、その後、本人利用などが判明しており、下方修正されている。

(Security NEXT - 2020/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加