Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者

バイクの修理やメンテナンスを手がけるGMDコンピュートラック神戸は、メールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、8月末に同社のメールアカウント1件が不正アクセスを受け、同アカウントから不特定多数に対し迷惑メールが送信されたもの。

同社では対象のメールアカウントを削除。今回の不正アクセスによる顧客情報の流出といった影響については否定した。

迷惑メールを受信した場合は、メール本文中のURLのクリックを行わず、メールを削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
電子書籍ストアに不正ログイン - 外部でPWなど入手か
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増