Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、前月比約15%減 - 4カ月ぶりに10万件下回る

8月のフィッシング報告件数は前月から約14.9%減少した。4カ月ぶりに10万件を下回った。

フィッシング対策協議会によれば、8月に報告を受けたフィッシング攻撃は9万9585件。前月の11万7024件から1万7439件減少した。4月の11万3789件から4カ月ぶりに10万件を下回った。1日あたり約3212.4件の報告が寄せられている。

フィッシングサイトに悪用されたURLは2万396件。前月の2万1585件から1189件減。1日あたり約657.9件のURLが悪用された計算となる。

フィッシングサイトに悪用されたトップレベルドメインとしては、「.com」が約41.1%でもっとも多く、「.cfg」が約18.3%、「.cn」が約14.6%、「.top」が約10.5%、「.life」が約1.7%、「.gd」が約1.6%、「.icu」が約1.5%と続く。

20230906_ap_001.jpg
フィッシング攻撃の報告件数推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2023/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害