Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan

IDC Japanは、企業向けに提供されているモバイルセキュリティやクラウドセキュリティの市場動向を取りまとめた。

同社によると、2019年の企業向けモバイルセキュリティの市場規模は92億円。2024年までの年間平均成長率を8.4%とし、2024年には138億円に拡大すると見込んでいる。

働き方改革やリモートワークの普及、デジタルトランスフォーメション(DX)の進展などでモバイルデバイスの利用が拡大、同市場の成長を後押しするとし、マルウェア対策をはじめ、アイデンティティやアクセス管理、脆弱性対策などで需要が拡大すると見ている。

一方、2019年におけるクラウドセキュリティの市場規模は137億円だった。2024年までの年間平均成長率を14.6%。2024年の市場規模を272億円と予測している。

組織外部から直接パブリッククラウドを利用するローカルブレイクアウトにより、クラウドシングルサインオンやクラウド型セキュリティゲートウェイソリューションによるセキュリティ対策などが市場の拡大に寄与すると分析。

またコンテナ環境で動作するアプリケーションの監視やアクセス制御など行うセキュリティ対策についても同市場を構成する重要な要素になると指摘している。

(Security NEXT - 2020/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
セキュ市場、SaaSが二桁成長 - オンプレミス低迷
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
2019年の国内セキュソフト市場は2638億円 - SaaSが大きく成長
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2018年度のセキュリティ市場は1兆1260億円 - 前年度比392億円増
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測