Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト公開動画に新型コロナ患者情報 - 神戸市立病院

神戸市立医療センター中央市民病院のウェブサイトで公開された動画に、新型コロナウイルス感染症患者の情報が含まれていたことがわかった。

神戸市民病院機構によれば、同院ウェブサイトで8月8日1時半ごろに公開した動画に患者1人の個人情報が含まれていたもの。新型コロナウイルス感染症患者に対する看護の様子や、新型コロナウイルス感染症病棟の様子などを撮影した動画だったが、職員が氏名を呼ぶ音声が含まれていた。容姿などの画像は判別できないよう処理されていたという。

翌9日11時ごろ、動画の視聴者から指摘を受けて問題が発覚。同機構では動画を削除するとともに、対象となる患者に電話で経緯を説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2020/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも