Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5

F5ネットワークスは、クラウド型マネージドセキュリティサービス「Silverline Shape Defense」の提供を開始する。

同社はこれまでも「Silverlineマネージドセキュリティサービス」として「DDoS対策」や「ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)」を提供してきたが、2020年初頭に買収したShape Securityの技術を採用し、ラインナップを強化。国外では6月より提供しているが、準備が整ったとして国内向けサービスを開始する。

同サービスではトランザクションを監視し、機械学習のデータをもとにボットによるアクセスやパスワードリスト攻撃など、不正と見られるアクセスを検知、あらかじめ指定したページへリダイレクトすることで、不正利用を防ぐ。

また同サービスの提供にあたり、同社では国内リージョンを開設。レイテンシーの低減を図り、国外へのデータ送信を望まないユーザーの需要なども取り込みたい考え。

年契約で提供し、価格はオープン。参考価格として1契約あたり平均1000万円を見込んでいる。

(Security NEXT - 2020/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン