Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア

エフセキュアは、「Microsoft 365」においてメールボックスや連絡先、カレンダーなどを保護するセキュリティサービス「F-Secure Cloud Protection for Microsoft Office 365」を8月1日より提供開始する。

同サービスは、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft 365」とAPIにより連携し、「Exchange Online」における悪意ある「添付ファイル」や「URL」を検知、隔離できるソリューション。

メールやタスク、カレンダーの予定、連絡先などのアイテムに対し、URLや添付ファイルをスキャン。ファイルについては、定義ファイルベースや複数マルウェア対策エンジンでチェックするほか、サンドボックスによる動的な解析にも対応している。

提供当初は、ヨーロッパリージョンのAmazon Web Services(AWS)にてサービスを展開。今秋には国内リージョンによる提供に対応するとしている。

100〜499ユーザーで導入した場合、1ユーザーあたり年額2600円(税別)。今後同社では、「SharePoint Online」「OneDrive for Business」「Teams」などにも同様のサービスを展開していきたいとしている。

(Security NEXT - 2020/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade