Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC

NECは、SaaSの設定不備によるセキュリティリスクの可視化や対策を支援する「SaaSセキュリティ設定管理プロフェッショナルサービス」を提供開始した。

同サービスは、SaaSの設定状況におけるセキュリティリスクを洗い出し、改善を支援するサービス。イスラエルのAdaptive Shieldの技術を活用しており、「Microsoft 365」「Box」「Salesforce」「Zoom」をはじめ、50種類以上のSaaSに対応している。

具体的には、米Center for Internet Security(CIS)のガイドライン「CISベンチマーク」をもとにリスクがともなう設定を洗い出す「SaaSセキュリティリスク可視化アセスメント」を提供。

さらにアセスメントの結果に基づき設定の見直しを支援する「SaaS設定改善支援」、SaaSの機能追加や設定変更にともなうあらたなリスクを定期的にチェックし報告する「SaaSセキュリティ運用支援」などのメニューを用意している。

価格は、「Microsoft365」におけるリスク可視化アセスメントが1回190万円。改善や運用の支援については個別見積もりで対応する。

(Security NEXT - 2022/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性