Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI

アルプスシステムインテグレーションは、独自に開発した「Microsoft Defender」のダッシュボードを提供開始した。

同社にてSumo Logicジャパンが提供するSIEMソリューションを契約する利用者向けに、マイクロソフトのマルウェア対策製品「Microsoft Defender」の状況を確認できるダッシュボードを提供するもの。追加料金は不要。

独自に提供するダッシュボードでは、Microsoft Defenderのパターンファイルのアップデート状況やマルウェアの検知状況などを把握できるほか、アラート通知に対応。さらに、組織の運用ポリシーにあわせた独自のダッシュボードを作成することもできるという。

(Security NEXT - 2020/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化