Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト

TDCソフトは、「Amazon Web Services(AWS)」の利用者向けに、セキュリティ状況を診断し、レポートを提供するサービスを提供開始した。

同サービスは、自動的に診断を行うツールを開発し、診断レポートを提供するもの。CISベンチマークを診断基準として利用し、AWSにおける各種サービスの設定について、「OK(成功)」「WARN(警告)」「FAIL(失敗)」の3段階で評価する。

診断結果については、kibanaによるダッシュボードや、全体の評価をまとめたレポートを提供。診断は、日次や週次など任意の間隔で定期的に実行することができる。

(Security NEXT - 2021/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性