Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AWSのセキュリティを診断し可視化するサービス - TDCソフト

TDCソフトは、「Amazon Web Services(AWS)」の利用者向けに、セキュリティ状況を診断し、レポートを提供するサービスを提供開始した。

同サービスは、自動的に診断を行うツールを開発し、診断レポートを提供するもの。CISベンチマークを診断基準として利用し、AWSにおける各種サービスの設定について、「OK(成功)」「WARN(警告)」「FAIL(失敗)」の3段階で評価する。

診断結果については、kibanaによるダッシュボードや、全体の評価をまとめたレポートを提供。診断は、日次や週次など任意の間隔で定期的に実行することができる。

(Security NEXT - 2021/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を