Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」

三菱スペース・ソフトウエアは、個人情報を含むファイルを検索するソフトウェア「すみずみ君Advance」を提供開始した。

同製品は、従来製品「すみずみ君」の管理機能を強化した上位製品。パソコンやサーバから個人情報を含むファイルを検索し、管理者向けのダッシュボードより、暗号化やパスワードが設定されていない個人情報を含むファイルの保存状況を確認できる。

グループ別に検索結果の一覧を表示したり、端末ごとにファイルの場所を確認することが可能。対象となるファイルを画面上で移動したり、削除することができる。

価格は、パソコン100台導入の場合1台あたり年額6600円。サーバはディスク容量1Tバイト以下の場合年額39万6000円。いずれも税込み。

(Security NEXT - 2022/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県