Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」

三菱スペース・ソフトウエアは、個人情報を含むファイルを検索するソフトウェア「すみずみ君Advance」を提供開始した。

同製品は、従来製品「すみずみ君」の管理機能を強化した上位製品。パソコンやサーバから個人情報を含むファイルを検索し、管理者向けのダッシュボードより、暗号化やパスワードが設定されていない個人情報を含むファイルの保存状況を確認できる。

グループ別に検索結果の一覧を表示したり、端末ごとにファイルの場所を確認することが可能。対象となるファイルを画面上で移動したり、削除することができる。

価格は、パソコン100台導入の場合1台あたり年額6600円。サーバはディスク容量1Tバイト以下の場合年額39万6000円。いずれも税込み。

(Security NEXT - 2022/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明