Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス

三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、MS&ADインターリスク総研、ベライゾンジャパンは、中小企業向けサイバーリスク診断サービスを共同で開発し、提供開始した。

同サービスは、質問に回答することで、自組織のサイバーリスクにおける体制を定量的に評価するもの。情報漏洩のデータベースなどを保有するベライゾンのノウハウを活用した。

中小企業として取り組むべき項目が質問票としてまとめられており、サイバーリスクの体制について1000点満点でスコアを表示。業種別の傾向や実施すべき対策についても提示する。

簡易版については3社のウェブサイトから無償で利用することができる。

(Security NEXT - 2020/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス