Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市

神奈川県川崎市は、中小企業融資制度における認定業務で使用する公印を、誤って廃棄したことを明らかにした。

同市によれば、中小企業溝口事務所において、特定中小企業者を認定する事務で用いる市長職務代理者の公印を誤って廃棄したもの。6月24日、公印を紛失していることに職員が気づいた。

公印は厳重な保管が義務付けられているが、同事務所では15年以上前から複写機の用紙補充スペースで保管。複写機のリース期間が終了し、5月13日にリース事業者が複写機を回収した際、公印が入ったまま回収された。問題の複写機は、6月9日にリース事業者が溶解処分を行っており、一緒に処分された可能性がある。

同市は、今回紛失した公印は代理者印であり、通常は市長印を使用していると説明。融資制度の認定業務に支障はないとしている。今後は、専用のケースで施錠できる書棚で保管し、所長が鍵を管理するなど適正管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2020/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府