Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ

マクニカネットワークスは、「Active Directory」の脅威診断サービスを期間限定で法人向けに無償で提供する。

同サービスは、イベントのログファイルから「Active Directory」における脅威の状況を調査し、簡易的な報告書を提供するもの。

診断には、「Active Directory」に特化した検知ロジックを用いており、「パスワードスプレー」「DCShadow」「DCSync」「BloodHound」「Skeleton Key」といった攻撃を検知。登録IPアドレスや登録管理者以外の管理者権限によるログオン、不審なタスクの登録、イベントログの消去なども調査する。

無償サービスは9月30日まで申し込みを受け付け、脅威を検知した場合は、詳細な調査や監視サービスなどは有償で対応するという。

(Security NEXT - 2020/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス