Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス

5月末から6月初旬にかけて、複数の暗号資産(仮想通貨)取引所でドメインの登録内容が、第三者によって不正に書き換えられる被害が発生した。いずれもドメイン登録サービス「お名前.com」の脆弱性が悪用されたと見られるが、被害の原因となった脆弱性は明らかにされていない。

ドメイン登録サービス「お名前.com」を運営するGMOインターネットによれば、同サービスの利用者向けに提供している管理ツール「お名前.com Navi」において通信内容が改ざんされる脆弱性が存在。同社と顧客間で連絡を取るために利用される登録メールアドレスが、脆弱性によって改ざんされた。

同社は、6月5日の時点で脆弱性の影響を受けた顧客は2件としており、社名などは明らかにしていないが、すでに被害を公表しているコインチェックビットバンクと見られる。

脆弱性によって被害者が登録しているメールアドレスが、攻撃者の用意したメールアドレスに置き換えられ、さらにパスワードも変更されてアカウントが奪取された。攻撃者は正規利用者になりすまして「お名前.com Navi」にログイン、ドメイン登録情報を書き換えていた。

(Security NEXT - 2020/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開