Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡

アイ・オー・データ機器が提供するNAS向け遠隔管理サービス「NarSuS」のテスト用サーバが不正アクセスを受けた問題で、同社は全登録者の情報が被害にあったと結論付けた。サーバ構築時のデータ消去が不十分でデータが残存していたという。

同社NAS製品の利用者向けに提供する「NarSuS」のテスト用サーバが不正アクセスを受けたもので、5月7日に判明。同社では翌8日に事態を公表し、調査を進めていた。

その後の調査で、問題のテスト用サーバには、構築時に削除するはずだった登録者のデータが残存していたことが判明。また関連する別のサーバ1台からも不正アクセスを受けた痕跡が見つかった。

調査によって流出の痕跡は見つからなかったものの、不正アクセスを受けていることから、全登録者数の情報6万1942件が流出したものと結論付けた。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、会社名、部署名、製品型番、MACアドレス、製品シリアルナンバーなどの情報が含まれる。

(Security NEXT - 2020/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か