Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡

アイ・オー・データ機器が提供するNAS向け遠隔管理サービス「NarSuS」のテスト用サーバが不正アクセスを受けた問題で、同社は全登録者の情報が被害にあったと結論付けた。サーバ構築時のデータ消去が不十分でデータが残存していたという。

同社NAS製品の利用者向けに提供する「NarSuS」のテスト用サーバが不正アクセスを受けたもので、5月7日に判明。同社では翌8日に事態を公表し、調査を進めていた。

その後の調査で、問題のテスト用サーバには、構築時に削除するはずだった登録者のデータが残存していたことが判明。また関連する別のサーバ1台からも不正アクセスを受けた痕跡が見つかった。

調査によって流出の痕跡は見つからなかったものの、不正アクセスを受けていることから、全登録者数の情報6万1942件が流出したものと結論付けた。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、会社名、部署名、製品型番、MACアドレス、製品シリアルナンバーなどの情報が含まれる。

(Security NEXT - 2020/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
メンズ衣料通販2サイトに不正アクセス - 618人で不正利用
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
読売関連会社のネットショップに不正アクセス - クレカ情報が被害
革製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
通販サイトでクレカ情報流出、システム刷新後に被害判明 - コスモス薬品
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
スピリチュアルグッズ通販サイトでクレカ情報流出の可能性