Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で

デジタル関連機器を扱うトリニティは、同社が抽選販売する「原価マスク」の当選者宛のメールで不具合が生じ、個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、5月26日深夜から翌27日未明にかけて、原価マスクの抽選販売の応募者に当選メールを送信しようとした際、不具合によりあわせて186件の氏名とメールアドレスが表示された状態で送信されたもの。

本来は各メールアドレスに個別のメールを送るところ、プログラムミスにより意図せず複数のメールアドレスが宛先欄に追加され、タイマー設定のミスも重なって3度にわたって送信された。

同社では対象となる当選者に対し謝罪。問題のメールについて削除するよう依頼し、別途当選メールを送信したという。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も