Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で

デジタル関連機器を扱うトリニティは、同社が抽選販売する「原価マスク」の当選者宛のメールで不具合が生じ、個人情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、5月26日深夜から翌27日未明にかけて、原価マスクの抽選販売の応募者に当選メールを送信しようとした際、不具合によりあわせて186件の氏名とメールアドレスが表示された状態で送信されたもの。

本来は各メールアドレスに個別のメールを送るところ、プログラムミスにより意図せず複数のメールアドレスが宛先欄に追加され、タイマー設定のミスも重なって3度にわたって送信された。

同社では対象となる当選者に対し謝罪。問題のメールについて削除するよう依頼し、別途当選メールを送信したという。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
新型コロナ陽性者に別人の支援システムIDを送信 - 大阪府
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
サービス終了した「Visionalist」のタグ、約800サイトに残存 - 一時水飲み場攻撃と同じスクリプトも配信
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市