Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード

マキナレコードと英Silobreakerは、OSINTツール「Silobreaker」を期間限定で無償提供する。新型コロナウイルス感染症関連の情報収集などに活用できる。

「Silobreaker」は、オンラインの公開済み情報を収集、分析できるツール。脅威や攻撃者、脆弱性、地政学的動向など、ウェブ上の事故や事象に関するトピックを可視化できる。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、関連情報を収集できるよう同ツールを期間限定で無償提供するもので、利用登録から30日間インテリジェンスダッシュボードが閲覧可能となる。

(Security NEXT - 2020/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都