Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード

マキナレコードと英Silobreakerは、OSINTツール「Silobreaker」を期間限定で無償提供する。新型コロナウイルス感染症関連の情報収集などに活用できる。

「Silobreaker」は、オンラインの公開済み情報を収集、分析できるツール。脅威や攻撃者、脆弱性、地政学的動向など、ウェブ上の事故や事象に関するトピックを可視化できる。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、関連情報を収集できるよう同ツールを期間限定で無償提供するもので、利用登録から30日間インテリジェンスダッシュボードが閲覧可能となる。

(Security NEXT - 2020/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県