Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード

マキナレコードと英Silobreakerは、OSINTツール「Silobreaker」を期間限定で無償提供する。新型コロナウイルス感染症関連の情報収集などに活用できる。

「Silobreaker」は、オンラインの公開済み情報を収集、分析できるツール。脅威や攻撃者、脆弱性、地政学的動向など、ウェブ上の事故や事象に関するトピックを可視化できる。

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、関連情報を収集できるよう同ツールを期間限定で無償提供するもので、利用登録から30日間インテリジェンスダッシュボードが閲覧可能となる。

(Security NEXT - 2020/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
無料PCR検査の連絡で3度にわたりメール送信ミス - 三重県
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準