Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始

情報通信研究機構(NICT)は、人材育成プログラム「SecHack365 2020」の受講生について、5月25日より募集を開始する。

同プログラムは、若年層に向けてセキュリティ関連技術の研究、開発、実験、発表など、モノづくりをする機会を1年間にわたり提供する長期ハッカソン。25歳以下の学生や社会人を対象に2017年度より実施している。

当初4月1日より募集を開始する計画だったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で一時延期となっていた。

応募は5月25日よりウェブサイトで受け付け、募集人数は40人程度。参加費用は、オンラインについては無料で、合宿形式などの集合イベントについては実費の負担が必要となるが、学生については全額が補助される。

応募条件、選考方法など開催概要については、同イベントのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2020/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
GSXがマザーズ上場 - 公募価格大きく上回る高値つけるも後場ストップ安に
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査