Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSA Japan)は、オンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」を6月2日に開催する。

同イベントは、「データドリブン社会を展望する - 5G、IoT、AIがもたらす価値とリスクとは」と題し、データのソースや質、量が拡大し、これらデータを活用する「データドリブン社会」と、それらを支えるクラウド、情報技術の展望や課題となるセキュリティ、プライバシーをテーマとしたオンラインセミナー。

Cloud Security AllianceのCEOであるJim Reavis氏をはじめ、有識者が登壇する予定で、緊急講演「コンタクトトレーシングアプリとクラウド」といったプログラムも用意されている。

オンラインによる開催で、ツールは「Microsoft Teams」のライブイベントを使用する。定員は1万人で参加費は無料だが、事前登録が必要。講演プログラムや参加申し込みなど詳細については同団体のウェブサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2020/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
コロナ対策やアフターコロナがテーマのネットシンポジウム - NICT
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始