Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSA Japan)は、オンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」を6月2日に開催する。

同イベントは、「データドリブン社会を展望する - 5G、IoT、AIがもたらす価値とリスクとは」と題し、データのソースや質、量が拡大し、これらデータを活用する「データドリブン社会」と、それらを支えるクラウド、情報技術の展望や課題となるセキュリティ、プライバシーをテーマとしたオンラインセミナー。

Cloud Security AllianceのCEOであるJim Reavis氏をはじめ、有識者が登壇する予定で、緊急講演「コンタクトトレーシングアプリとクラウド」といったプログラムも用意されている。

オンラインによる開催で、ツールは「Microsoft Teams」のライブイベントを使用する。定員は1万人で参加費は無料だが、事前登録が必要。講演プログラムや参加申し込みなど詳細については同団体のウェブサイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2020/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
若年層向けセキュリティ啓発コンクールの受賞作品を公開 - IPA
「セキュリティプレゼンターカンファレンス」をハイブリッド開催 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「SECCON」と「BSides Tokyo」が講演者の募集を開始
まもなく「SECCON CTF 2022」のオンライン予選 - 賞金総額100万円
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減