Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府

大阪府は、府内の薬局を検索できる同府ページにおいて、一部誤った薬局のファックス番号を掲載していたことを明らかにした。医療機関が誤った番号に処方箋を送信する事故が発生したという。

薬機法では、薬局が都道府県に一定情報を提供し、都道府県ではこれら情報を集約してインターネットなどを通じて住民へ情報提供する薬局機能情報提供制度が定められているが、同府によれば、同府サイトにおいて、薬局1店舗に関して、誤ったファックス番号を掲載していたという。

医療機関が同薬局へファックスを送信する際、第三者へ処方箋を送信する事故が発生。4月28日に医療機関より指摘があり問題が判明した。

同府では、2013年10月に薬局から報告された情報を職員がシステムに入力してウェブサイトに掲載しており、その際に誤りを見逃した可能性が高いとしている。

同府では同薬局や医療機関、誤送信先などへ事情を説明し、謝罪したという。

(Security NEXT - 2020/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社