Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に

2020年第1四半期に脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」に登録された脆弱性情報は4520件だった。サポートが終了した「Windows 7」「Windows Server 2008」なども製品別の登録件数で上位に入っている。

「JVN iPedia」は、2007年4月より公開されている脆弱性対策情報のデータベース。国内のソフトウェア開発者が公表した情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報などを登録している。

情報処理推進機構(IPA)によれば、同四半期に登録された脆弱性情報は4520件。4434件だった前四半期から86件増となった。内訳を見ると、国内製品開発者による登録情報が5件、「JVN」の掲載情報が184件、「NVD」の情報が4331件。

データベースの公開開始以降の累計登録件数は11万6604件。英語版はあらたに39件が登録され、累計で2132件。

20200514_jv_001.jpg
JVN iPediaへの脆弱性登録件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ