Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測

JPCERTコーディネーションセンターは、2020年第1四半期に同センターが国内に設置しているセンサーで観測した攻撃パケットの状況を取りまとめた。

同四半期は、前四半期と同じく「telnet」で利用する「TCP 23番ポート」宛てのパケットが最多だった。特に2月9日ごろより約1カ月間にわたり大きく増加。マルウェア「Mirai」亜種の活動による影響と見られている。「Mirai」亜種に関しては情報通信研究機構(NICT)でも2月下旬から3月初旬にかけて活発な動きを観測したことを報告している。

次に多かったのは「Microsoft SQL Server」で使用する「TCP 1433番ポート」。さらに「Windows」のファイル共有プロトコル「SMB」で使われる「TCP 445番ポート」が続いた。

TCP 80番ポートや、TCP 443番ポートでは、2019年12月に明らかとなったCitrix Systemsの複数製品に含まれる脆弱性を狙った攻撃も観測されている。1月11日に脆弱性の実証コードが公開され、ドイツやロシア、韓国、米国などを発信元としたPoCの特徴を含むリクエストを同日に観測したという。

同センターには、同脆弱性に対する攻撃の報告も寄せられており、関連製品を使用している場合は、ログなどを確認して、攻撃を受けていないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も