Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県

新潟県は、県立高校や地域振興局健康福祉部で発生した書類の誤送付を公表した。

同県によれば、県立高校では5月8日に就学支援金支給停止通知を郵送した際、誤って別の生徒へ送付する事故が発生したもの。

宛名シールで住所と氏名が一致しない状態で9人分を発送。6人分は宛先不明で学校へ返送されたが、3人分が別の生徒に誤って届いた。誤送付先となった生徒からの連絡で判明した。

誤送付された通知には、生徒の氏名、学校名、就学支援金支給期間、支給停止期日などが記載されている。同校では、誤送付先と情報流出の対象となった生徒および保護者に対し、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
個人情報含む土地境界確認書を紛失 - 国交省
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市