Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県

新潟県は、県立高校や地域振興局健康福祉部で発生した書類の誤送付を公表した。

同県によれば、県立高校では5月8日に就学支援金支給停止通知を郵送した際、誤って別の生徒へ送付する事故が発生したもの。

宛名シールで住所と氏名が一致しない状態で9人分を発送。6人分は宛先不明で学校へ返送されたが、3人分が別の生徒に誤って届いた。誤送付先となった生徒からの連絡で判明した。

誤送付された通知には、生徒の氏名、学校名、就学支援金支給期間、支給停止期日などが記載されている。同校では、誤送付先と情報流出の対象となった生徒および保護者に対し、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子
全学生情報含むファイルを複数学生に誤送信 - 愛媛大
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付