Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県

また5月7日には、地域振興局健康福祉部において、自立支援医療費支給認定者一覧表を阿賀町役場へ送付した際、本来送付すべきでない自立支援医療費支給認定申請者用の診断書の写し1人分を誤って同封する事故が発生した。

翌8日、誤送付先からの連絡で判明。誤送付した診断書写しには、氏名や住所、生年月日、性別、病名、現在の病状、現在の治療内容、今後の治療方針、障害福祉サービス利用状況、医療機関名などが記載されていた。

誤送付した書類は同月8日に回収。同県では対象者の保護者に説明し、謝罪している。

(Security NEXT - 2020/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 埼玉県信金
調査員が国勢調査の調査世帯一覧を紛失 - 泉南市