Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2020」がオンライン開催に - 新型コロナ影響で

10月に都内で開催を予定しているセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」の開催形式が、オンラインに変更されることとなった。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が登壇する国内発のセキュリティカンファレンス。2020年は10月29日、30日の2日間に開催を予定していた。

オンラインによる開催への変更は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、参加者や関係者の安全に配慮した措置。実施日程に変更はないという。

オンラインならではのイベントとなるよう企画を進めているとしており、論文の募集(CFP)、事前登録方法、協賛プログラムなどの詳細については、5月中旬ごろに発表となる予定。

(Security NEXT - 2020/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏