Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレワークが推進されているが、4月初旬の段階では、約7割が通常通り出社していた。そのうち約6割は「在宅で行える仕事ではない」と回答している。

MMD研究所が4月2日から3日にかけてコロプラと共同でインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。スマートフォンを所有する20歳から59歳の会社員1089人が回答した。

新型コロナウイルスの影響で勤務体系に変化があったか聞いたところ、70.6%にあたる769人は、従来と変わらず出勤していると回答した。

理由を尋ねたところ、「在宅で行える仕事ではない」が63.8%。「会社が在宅勤務を推奨していないから(23.8%)」「接客業のため在宅勤務ができないから(15.6%)」「在宅勤務の制度が整備されていない(14.8%)」が続く。

(Security NEXT - 2020/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン