Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレワークが推進されているが、4月初旬の段階では、約7割が通常通り出社していた。そのうち約6割は「在宅で行える仕事ではない」と回答している。

MMD研究所が4月2日から3日にかけてコロプラと共同でインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。スマートフォンを所有する20歳から59歳の会社員1089人が回答した。

新型コロナウイルスの影響で勤務体系に変化があったか聞いたところ、70.6%にあたる769人は、従来と変わらず出勤していると回答した。

理由を尋ねたところ、「在宅で行える仕事ではない」が63.8%。「会社が在宅勤務を推奨していないから(23.8%)」「接客業のため在宅勤務ができないから(15.6%)」「在宅勤務の制度が整備されていない(14.8%)」が続く。

(Security NEXT - 2020/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験