Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加

一方で、相談件数の増加が見られたのが、宅配業者による不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談。前四半期の312件を大きく上回る404件となり、29.5%増となった。

またSNSやネットショッピングサイト、クラウドサービスなどにおいて、本人以外の第三者がIDやパスワードを不正に取得してログインする「不正ログイン」に関する相談も27.0%増となり、前四半期を17件上回る80件へと増加した。

「マルウェア検出の偽警告」に関する相談も前期に続き、今回も増加している。マルウェアを検知したなどと不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する手口で、前四半期の402件から7.5%増となる432件だった。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表