Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、企業の4社に1社が在宅勤務やテレワークを実施しているとの調査結果を東京商工リサーチが取りまとめた。

同社が3月27日から4月5日にかけてインターネットでアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は1万7896社。

企業活動における新型コロナウイルスの影響を尋ねたところ、62.4%が回答した時点ですでに影響が出ていると答えた。回答時点で影響は出ていないものの、今後影響が出る可能性があるとの回答も35.2%にのぼる。

企業規模で見ると、資本金1億円以上の大企業では74.8%が回答した時点ですでに影響が発生。また今後影響が出る可能性がある企業は24.0%だった。一方、資本金1億円未満の中小企業や個人企業では、59.9%が影響が出ていると回答。37.4%についても今後影響が出る可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2020/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
テレワークから業務環境へのアクセス、半数近くが「VPN」
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因