Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス

SHIFT SECURITYは、テレワークで使用する端末のセキュリティ診断サービスを提供開始した。

同サービスは、在宅勤務にあたり従業員へ貸与するPCについて、組織内部と同じセキュリティレベルを担保できているかどうか診断し、改善点を報告する診断サービス。

テレワークに用いる標準的な端末1台を同社へ送付すると、最短5営業日で診断結果を提供する。「Windows」をはじめ、「macOS」「Linux」の搭載端末にも対応している。

診断基準にはCenter for Internet Security(CIS)のベンチマークを使用。認証関連の設定項目や、ファイル共有やリモートデスクトップサービスの制限、暗号化の実施などを診断する。

(Security NEXT - 2020/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
ウェブアプリ開発の上流工程に対する脆弱性診断サービス
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック