Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる

同製品のiOS版では、デバイス情報をユーザーに通知することなくFacebookへ送信していることが判明。

くわえてmacOS版でもクライアントをインストールする際の挙動が問題視された。正しく利用者へ伝えず、不用意に管理者権限のパスワードを入力させるソーシャルエンジニアリングを用いており、セキュリティ研究者が「マルウェアと同じ手法」として苦言を呈している。

同社では一連の問題を認め、各クライアントに対しては修正版をリリース。同社は透明性を重視していると釈明し、プライバシー保護やセキュリティ対策に注力する姿勢を示した。

また脆弱性などシステムそのものの不具合ではないが、利用者による公開設定の不備などで、無関係の第三者がビデオ会議に参加し、嫌がらせ行為などを行う「Zoom爆撃」といった問題が頻発している。

同社では教育関係者向けの設定などを変更したほか、利用者に対するガイダンスの提供なども行うなど、安全な利用に向けた取り組みを進めている。

(Security NEXT - 2020/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も