Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開した。

同資料は、セキュリティ関連の知識項目を体系的に整理し、関連業務に携わる人材が身につけるべき知識やスキルを整理したもの。セキュリティ分野の専門人材ではない、いわゆる「プラスセキュリティ人材」などにも応用できる

2019年3月に公開した最新版では、「タスク」や「ロール」にもフォーカス。米国立標準技術研究所(NIST)のフレームワーク「NIST SP800-181(NICE Cybersecurity Workforce Framework)」へ対応し、約1150のスキル項目について、「SecBoK」にある16の役割(ロール)にマッピングしている。

今回あらたに英語版をExcelファイルとして用意。概要を示したPDFファイルとともに同協会ウェブサイトを通じて配布している。

(Security NEXT - 2020/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省