Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社

東京電力エナジーパートナーは、一部顧客で実際より多く電気やガスの料金を引き落とす不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、3月10日から18日にかけて口座振替やクレジットカードで料金を納めた顧客のうち、999件において、実際より高い電気やガスの料金を請求したもの。料金の計算や請求を行うシステムの不具合が原因で、顧客からの問い合わせにより問題が判明した。

同システムで処理能力を向上させるためにプログラムを改修したところ、不具合が発生。金融機関に請求するデータを作成する際に実際の料金と相違が生じ、金融機関との連携処理が正しく行われなかったという。

同社ではプログラムを改修前の状態に戻すことで不具合を解消。対象となる顧客に個別に連絡し、精算して差額の精算や返金を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン