Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社

東京電力エナジーパートナーは、一部顧客で実際より多く電気やガスの料金を引き落とす不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、3月10日から18日にかけて口座振替やクレジットカードで料金を納めた顧客のうち、999件において、実際より高い電気やガスの料金を請求したもの。料金の計算や請求を行うシステムの不具合が原因で、顧客からの問い合わせにより問題が判明した。

同システムで処理能力を向上させるためにプログラムを改修したところ、不具合が発生。金融機関に請求するデータを作成する際に実際の料金と相違が生じ、金融機関との連携処理が正しく行われなかったという。

同社ではプログラムを改修前の状態に戻すことで不具合を解消。対象となる顧客に個別に連絡し、精算して差額の精算や返金を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M
LINEギフトで「ほしいものリスト」を友だち以外に誤配信
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
MS、定例外パッチでDC認証エラーの問題を解消
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
ユーザーのプライバシー管理設定を誤操作 - LINE
行政サービスの共通認証「GビズID」で他社個人情報を取得できる不具合
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に
将棋動画配信サービスで不具合、個人情報が流出
「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生