Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN製品の既知脆弱性に注意 - フィッシングにも警戒を

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の拡大を受けてテレワークを利用する動きが加速しているが、米政府は「VPN」周辺のセキュリティ対策を徹底するようあらためて呼びかけた。「VPN」に関しては2019年に相次いで脆弱性が判明しており、すでに悪用も確認されている。

感染症への対策として濃厚接触を抑制するため、外出の禁止や自粛など、各国で次々と対策が発表されており、組織の内部ネットワークへ自宅より接続するリモートワークも増加している。

こうした状況を踏まえて米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が注意喚起を発表したもので、VPN周辺のセキュリティ対策についてあらためて確認するよう求めた。

外部から組織内部へのネットワーク接続に「VPN(Virtual Private Network)」を活用するケースが多いが、2019年にはFortinetや、Palo Alto Networks、Pulse Secureなど、複数ベンダーのセキュリティゲートウェイ製品が備える「VPN」機能に脆弱性が相次いで判明。すでに一部は悪用されており、国内外のセキュリティ機関が注意を呼びかけている

(Security NEXT - 2020/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で