Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測

セキュリティ製品が提供するSSL VPN機能において、脆弱性が相次いで発見され、攻撃が確認されている問題で、脆弱性を探索するアクセスが国内においても観測されている。国内においても脆弱性を含む機器が多数動作している可能性もあり、セキュリティ機関では警戒を強めている。

Fortinetの「FortiOS」における「CVE-2018-13379」や、Palo Alto Networksの「GlobalProtect」における「CVE-2019-1579」、Pulse Secureの「Pulse Connect Secure(PCS)」の「CVE-2019-11510」など、複数のセキュリティゲートウェイ製品が提供する「SSL VPN」機能に脆弱性が判明。一部では悪用コードが公開され、すでに悪用も確認されているが、国内にも影響が波及している。

Bad Packetsが観測したとされる脆弱性の探索活動に用いられたIPアドレスからの通信について、JPCERTコーディネーションセンターが国内の観測状況を調べたところ、8月21日以降、複数IPアドレスよりアクセスされていたことがわかった。

Bad Packetsでは、Pulse SecureのVPNサーバにおける脆弱性について、影響を受けるホスト1万471台を確認しており、1381台が日本国内でホストされていると発表。これを受けてJPCERT/CCでは該当するホストの管理者に対し、連絡を取るなど対応を開始している。

20190904_jp_001.jpg
国内センサーにおける観測状況(グラフ:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2019/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開