Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測

セキュリティ製品が提供するSSL VPN機能において、脆弱性が相次いで発見され、攻撃が確認されている問題で、脆弱性を探索するアクセスが国内においても観測されている。国内においても脆弱性を含む機器が多数動作している可能性もあり、セキュリティ機関では警戒を強めている。

Fortinetの「FortiOS」における「CVE-2018-13379」や、Palo Alto Networksの「GlobalProtect」における「CVE-2019-1579」、Pulse Secureの「Pulse Connect Secure(PCS)」の「CVE-2019-11510」など、複数のセキュリティゲートウェイ製品が提供する「SSL VPN」機能に脆弱性が判明。一部では悪用コードが公開され、すでに悪用も確認されているが、国内にも影響が波及している。

Bad Packetsが観測したとされる脆弱性の探索活動に用いられたIPアドレスからの通信について、JPCERTコーディネーションセンターが国内の観測状況を調べたところ、8月21日以降、複数IPアドレスよりアクセスされていたことがわかった。

Bad Packetsでは、Pulse SecureのVPNサーバにおける脆弱性について、影響を受けるホスト1万471台を確認しており、1381台が日本国内でホストされていると発表。これを受けてJPCERT/CCでは該当するホストの管理者に対し、連絡を取るなど対応を開始している。

20190904_jp_001.jpg
国内センサーにおける観測状況(グラフ:JPCERT/CC)

(Security NEXT - 2019/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表