Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxなどに含まれる「pppd」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ

モデム接続やPPPoE接続、VPN接続の「PPTP」など、ノード間の接続に用いる「Point-to-Point Protocol(PPP)」の接続セッションを管理する「pppd」に、深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

Linuxなどで広く採用されているPaul's PPP Packageの「pppd」に脆弱性「CVE-2020-8597」が明らかとなったもの。 「同2.4.8」から「同2.4.2」までが影響を受ける。

認証プロトコル「EAP(Extensible Authentication Protocol)」のパケットを処理する際、データサイズの検証処理に問題があり、バッファオーバーフローが生じるという。

脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。認証に「EAP」を用いていない環境でもパケットを受け付け、脆弱性の影響を受ける可能性があるため注意が必要。

同ソフトは高い権限で動作している実行されていることが多く、root権限でコードを実行されるおそれがあるとセキュリティ機関では注意を喚起。脆弱性を修正したアップデートがリリースされており、対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み