Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず

ナノオプト・メディアは、4月13日から15日にかけて幕張メッセで開催を予定していた「Interop Tokyo 2020」など5イベントについて、開催を中止すると発表した。

対象となるのは、「Interop Tokyo 2020」のほか、同時開催の「Connected Media Tokyo 2020」「デジタルサイネージジャパン 2020」「ロケーションビジネスジャパン 2020」「APPS JAPAN 2020」。

「Interop Tokyo」は、ネットワークの「相互接続性(Interoperability)」を実際に検証することをコンセプトとして1994年にスタート。毎年6月に開催されているが、2020年は東京オリンピック・パラリンピックの影響から4月に開催を予定していた。

国内における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は2月26日に今後2週間のイベント開催自粛を求める方針を示したが、同期間後の状況についても見通しが立たない状況にあると同イベント主催するナノオプト・メディアは説明。

(Security NEXT - 2020/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
個人情報含むワクチン接種案内メールを誤送信 - 東京都
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に