Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず

ナノオプト・メディアは、4月13日から15日にかけて幕張メッセで開催を予定していた「Interop Tokyo 2020」など5イベントについて、開催を中止すると発表した。

対象となるのは、「Interop Tokyo 2020」のほか、同時開催の「Connected Media Tokyo 2020」「デジタルサイネージジャパン 2020」「ロケーションビジネスジャパン 2020」「APPS JAPAN 2020」。

「Interop Tokyo」は、ネットワークの「相互接続性(Interoperability)」を実際に検証することをコンセプトとして1994年にスタート。毎年6月に開催されているが、2020年は東京オリンピック・パラリンピックの影響から4月に開催を予定していた。

国内における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は2月26日に今後2週間のイベント開催自粛を求める方針を示したが、同期間後の状況についても見通しが立たない状況にあると同イベント主催するナノオプト・メディアは説明。

(Security NEXT - 2020/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
コロナ患者情報を個人宅へ誤ファックス - 西宮市