Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず

ナノオプト・メディアは、4月13日から15日にかけて幕張メッセで開催を予定していた「Interop Tokyo 2020」など5イベントについて、開催を中止すると発表した。

対象となるのは、「Interop Tokyo 2020」のほか、同時開催の「Connected Media Tokyo 2020」「デジタルサイネージジャパン 2020」「ロケーションビジネスジャパン 2020」「APPS JAPAN 2020」。

「Interop Tokyo」は、ネットワークの「相互接続性(Interoperability)」を実際に検証することをコンセプトとして1994年にスタート。毎年6月に開催されているが、2020年は東京オリンピック・パラリンピックの影響から4月に開催を予定していた。

国内における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は2月26日に今後2週間のイベント開催自粛を求める方針を示したが、同期間後の状況についても見通しが立たない状況にあると同イベント主催するナノオプト・メディアは説明。

(Security NEXT - 2020/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追