Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却

Dell Technologiesは、傘下のEMCでセキュリティ事業を展開するRSAを20億75万ドルで売却すると発表した。

投資ファンドのSymphony Technology Group(STA)のほか、資産運用会社のAlpInvest Partners、オンタリオ州教職員年金基金が参加するコンソーシアムへ売却するもの。詳細な取引条件については明らかにしていないが、20億75万ドルの現金により売却するもので、今後手続きを進め、6カ月から9カ月後に完了する予定。

Dell Technologiesでは、今回の取り引きによりビジネスや製品ポートフォリオを整理し、インフラストラクチャやプラットフォーム、デバイスへのセキュリティの組み込み、データの安全性、保護、レジリエンス分野に注力を図るという。

(Security NEXT - 2020/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
GMO、イエラエを子会社化 - 半数の発行株式を約92億円で取得
「FireEye」が「Mandiant」に社名変更 - クラウドプラットフォームに注力
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
Symantecセキュサービス部門の買収を完了 - Accenture
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド