Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバー防衛シンポ」が6月に開催 - ナイトセッションも

サイバー空間における国家安全保障をテーマとしたシンポジウム「サイバー防衛シンポジウム熱海2020」が、6月19日、20日に開催されることが決定した。

同イベントは、第五の戦場とも呼ばれる「サイバー空間」の防衛問題をテーマとしたシンポジウム。2019年にスタートし、今回で2回目となる。主催は、サイバー防衛研究会のサイバー防衛シンポジウム熱海2020実行委員会で、防衛省が後援する方向で調整が進められているという。

会場は前回と同様、静岡県熱海市のホテルKKR熱海。会期は2日間に延長され、ナイトセッションなども計画している。

現在、スポンサーの募集を開始しており、参加者の募集は4月下旬ごろを予定。申し込みの詳細については、3月下旬ごろまでに決定、公開する見込み。

(Security NEXT - 2020/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
セキュリティ担当者向けに脆弱性対策のセミナーを開催 - IPA
個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC
「セキュリティ・キャンプフォーラム2022」がオンラインで開催