Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明

三菱電機が不正アクセスを受け、防衛省の「注意情報」が流出した可能性があることが判明した問題で、同省は防衛装備品における研究試作の性能要求事項などが流出した可能性があることを明らかにした。

同省によれば、流出の可能性が判明したのは、防衛装備庁が2018年10月30日に貸与した装備品に関する研究試作の入札に関する資料。

総合評価落札方式の評価基準や、研究試作に対する性能などの要求事項が記載されており、三菱電機では、資料を電子化した上で保存していた。

これら情報には同省が指定する「注意情報」が含まれており、同省では情報の保全徹底について定めた誓約書の提出を受けた上で、貸与していたという。

(Security NEXT - 2020/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ