Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機

三菱電機が不正アクセスを受け、機密情報や個人情報が外部へ流出した可能性がある問題で、同社はこれらに防衛省の「注意情報」が含まれていたことを明らかにした。

同社では、2019年6月に端末で不審な挙動を検知。不正アクセスによって約200Mバイトのデータが外部に流出した可能性があることを公表しているが、防衛省へ報告の準備を進める過程で、あらたに防衛省の「注意情報」が含まれていることが2月7日に判明したという。

防衛省では、関与がない職員へみだりに知られると、業務の遂行に支障を与えるおそれのある文書について、「注意」と表示することを定めている。

これまで同社は、人事関連情報や技術資料、営業資料など内部情報が流出した可能性があるとしつつも、社会インフラに関する機微情報や、機密性の高い技術情報、取引先の重要情報の流出については否定していた。

今回の問題を受け、防衛省では情報が流出した場合の影響について確認作業を進めており、同社では同省の指示に従い、対応を進めるとしている。

(Security NEXT - 2020/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も