Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害

情報処理推進機構(IPA)は、2019年におけるマルウェアの届け出状況について取りまとめた。259件の届け出があり、18件で感染被害があった。

同機構では2019年より集計方法を変更している。ウイルスと不正プログラムの区別や、検知名をもとにした分類をやめた。複数マルウェアが1回の届け出に含まれる場合も、1件として集計している。

同機構によれば、2019年の届け出は259件。法人からの届け出が195件と75%を占めており、教育機関や公的機関からの届け出が36件、個人からの届け出が28件だった。

このうち18件で感染被害が発生しており、「Emotet」による被害が5件、ランサムウェアの被害が5件含まれる。12月が5件でもっとも多かった。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」