Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害

情報処理推進機構(IPA)は、2019年におけるマルウェアの届け出状況について取りまとめた。259件の届け出があり、18件で感染被害があった。

同機構では2019年より集計方法を変更している。ウイルスと不正プログラムの区別や、検知名をもとにした分類をやめた。複数マルウェアが1回の届け出に含まれる場合も、1件として集計している。

同機構によれば、2019年の届け出は259件。法人からの届け出が195件と75%を占めており、教育機関や公的機関からの届け出が36件、個人からの届け出が28件だった。

このうち18件で感染被害が発生しており、「Emotet」による被害が5件、ランサムウェアの被害が5件含まれる。12月が5件でもっとも多かった。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT