Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定

国内発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定した。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が登壇するセキュリティカンファレンス。トレーニングやセキュリティ技術を競うコンテストなども併催している。

2020年における同イベントの開催予定について、10月29日、30日の2日間の日程で開催する予定であることが明らかとなったもの。会場は前回「同2019」と同様に、ベルサール渋谷ガーデンとなる見込み。イベントの事前登録や、論文の募集開始は春ごろを予定している。

前回は、あらたにシングルトラック制を採用。メイントラックでは15カ国の専門家が登壇し、セキュリティに関する技術、サイバー犯罪、金融、ブロックチェーン、法律、政策など幅広いテーマについて講演した。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら
セキュリティ担当者向けに脆弱性対策のセミナーを開催 - IPA
個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC
「セキュリティ・キャンプフォーラム2022」がオンラインで開催
実例をSNSで共有、被害を未然に防ぐ「#迷惑メール展」