Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定

国内発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定した。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が登壇するセキュリティカンファレンス。トレーニングやセキュリティ技術を競うコンテストなども併催している。

2020年における同イベントの開催予定について、10月29日、30日の2日間の日程で開催する予定であることが明らかとなったもの。会場は前回「同2019」と同様に、ベルサール渋谷ガーデンとなる見込み。イベントの事前登録や、論文の募集開始は春ごろを予定している。

前回は、あらたにシングルトラック制を採用。メイントラックでは15カ国の専門家が登壇し、セキュリティに関する技術、サイバー犯罪、金融、ブロックチェーン、法律、政策など幅広いテーマについて講演した。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増