Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定

国内発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定した。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が登壇するセキュリティカンファレンス。トレーニングやセキュリティ技術を競うコンテストなども併催している。

2020年における同イベントの開催予定について、10月29日、30日の2日間の日程で開催する予定であることが明らかとなったもの。会場は前回「同2019」と同様に、ベルサール渋谷ガーデンとなる見込み。イベントの事前登録や、論文の募集開始は春ごろを予定している。

前回は、あらたにシングルトラック制を採用。メイントラックでは15カ国の専門家が登壇し、セキュリティに関する技術、サイバー犯罪、金融、ブロックチェーン、法律、政策など幅広いテーマについて講演した。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
国内最大級のCTF大会「SECCON 2021」、12月に開催 - 初心者向けCTFなど5月よりスタート
JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
「Interop Tokyo」の「ShowNet」解説イベント、4月22日にオンライン開催