Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定

国内発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定した。

同イベントは、国内外のセキュリティ専門家が登壇するセキュリティカンファレンス。トレーニングやセキュリティ技術を競うコンテストなども併催している。

2020年における同イベントの開催予定について、10月29日、30日の2日間の日程で開催する予定であることが明らかとなったもの。会場は前回「同2019」と同様に、ベルサール渋谷ガーデンとなる見込み。イベントの事前登録や、論文の募集開始は春ごろを予定している。

前回は、あらたにシングルトラック制を採用。メイントラックでは15カ国の専門家が登壇し、セキュリティに関する技術、サイバー犯罪、金融、ブロックチェーン、法律、政策など幅広いテーマについて講演した。

(Security NEXT - 2020/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
Interop Tokyo、6月15日より幕張メッセで開幕 - 今回で第29回目
「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
6月に「IoTセキュリティシンポジウム2022」を開催 - CCDS
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催