Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」

また移行が完了していない理由については、従業員が1から9人の企業では「データ、ソフトのなどの移行」と「予算」がそれぞれ22%。10人以上の企業では「予算」が32%でもっとも多く、「使用するソフトのWindows 10への対応」が29%、「データ、ソフトの移行」が21%だった。

移行手段については、「パソコンの買い替え」が54%、「現行パソコンのOSアップグレード」が31%、「買い替えとアップグレードの併用」が15%となっている。

パソコンを買い換える際、これまで使用していた端末の処分方法については、「そのまま持っておく」が32%で最多。「業者の無料回収」が31%で続いた。

「そのまま持っておく」理由を見ると、「情報漏洩が心配だから」が47%、「費用がかかるから」が43%、「処分の方法がわからないから」が21%だった。

20200205_dt_002.jpg
旧端末を保有しておく理由(グラフ:デル)

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か