Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」

2019年12月の時点で「Windows 10」への移行を完了している中小企業は56%とする調査結果をデルが取りまとめた。10%は「特に移行は考えていない」と回答したという。

同社とEMCジャパンが、2019年12月にインターネットでアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。従業員が100人未満で、Windowsパソコンを所有する全国の中小企業において、パソコンの決裁権を保有、あるいは選定に関与するIT担当者を対象に実施し、1035人が回答した。

20200205_dt_001.jpg
Windows 10への移行状況(グラフ:デル)

9割以上が、IT管理は他業務との兼任で、58%はIT管理に割ける時間は全体の1割程度と回答している。

回答時点における「Windows 10」への移行状況を見ると、完了していると回答した企業は56%だった。「現在移行中」とする15%や、未着手ながら「Windows 7」のサポート終了までに移行を実施する予定とした15%をあわせると86%が移行の意思を示した。

一方10%は「特に移行を考えていない」という。移行しない理由を尋ねたところ、56%が「必要性を感じていない」と回答した。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減