Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」

2019年12月の時点で「Windows 10」への移行を完了している中小企業は56%とする調査結果をデルが取りまとめた。10%は「特に移行は考えていない」と回答したという。

同社とEMCジャパンが、2019年12月にインターネットでアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。従業員が100人未満で、Windowsパソコンを所有する全国の中小企業において、パソコンの決裁権を保有、あるいは選定に関与するIT担当者を対象に実施し、1035人が回答した。

20200205_dt_001.jpg
Windows 10への移行状況(グラフ:デル)

9割以上が、IT管理は他業務との兼任で、58%はIT管理に割ける時間は全体の1割程度と回答している。

回答時点における「Windows 10」への移行状況を見ると、完了していると回答した企業は56%だった。「現在移行中」とする15%や、未着手ながら「Windows 7」のサポート終了までに移行を実施する予定とした15%をあわせると86%が移行の意思を示した。

一方10%は「特に移行を考えていない」という。移行しない理由を尋ねたところ、56%が「必要性を感じていない」と回答した。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働