Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇

情報処理推進機構(IPA)は、2019年において、社会的な影響が大きかったセキュリティ上の脅威を「情報セキュリティ10大脅威2020」として取りまとめ、発表した。

同ランキングは、セキュリティ分野の研究者や企業の実務担当者140人の投票によって毎年選出、決定しているもので、「個人」と「組織」にわけて上位10項目を挙げている。

組織における脅威としては、前年と変わらず「標的型攻撃による被害」がトップ。神奈川県のデータを含むハードディスクが廃棄事業者の従業員によって不正に売却された問題なども受けて「内部不正による情報漏洩」が順位を上げ、2番目に続いた。

「ビジネスメール詐欺による被害」「サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃」「ランサムウェアによる被害」なども引き続き上位に位置している。

目立って順位が上昇したのが、「予期せぬIT基盤の障害にともなう業務停止」。前年は圏外となる16位だったが、今回6位となった。2014年以降、6年間圏外だったが、自然災害や大手クラウドベンダーにおけるサービス停止などの発生などを受けて大きく順位を上げた。

(Security NEXT - 2020/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定