Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット広告詐欺の損害を補償する保険

損害保険ジャパン日本興亜は、広告事業者向けに広告詐欺への対策として「アドフラウド保険」を2月より提供開始する。

同サービスは、広告代理店が広告主に対して、事前に定めたアドフラウド指数のしきい値を超過した場合に払い戻しすることで生じた損害を、損保ジャパン日本興亜が補償するもの。

Momentumと共同で開発したもので、契約にあたっては、アドフラウドの状況を可視化するMomentumのダッシュボードサービス「HYTRA DASHBOARD」の利用していることが前提になるという。

(Security NEXT - 2020/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も