Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス

トレンドマイクロは、期間限定でMicrosoft 365のメールを分析し、脅威を可視化する無償サービスをリリースした。

「Trend Micro Security Assessment Service」は、Microsoft 365に保存されているメールを分析して脅威を可視化するサービス。「Trend Micro Cloud App Security」の一部機能を30日間限定で試用できる。

Microsoft 365とAPIで連携。テナント全体で受信した過去30日間のメールをスキャンし、ダッシュボードで、フィッシング、悪意あるファイル、ビジネスメール詐欺など、5種類のカテゴリにわけて脅威の件数を表示する。

さらに脅威を受信しているユーザーや被害に遭う可能性が高いユーザーのリストを表示するほか、脅威の結果をPDFでレポートする。

「Trend Micro Cloud App Security」では、従来より体験版が用意されているが、検証する項目が多岐にわたり、一定の検証期間が必要であるとし、今回の同サービスを用意したという。

利用にはアカウント登録が必要で、アカウント作成後、30日間限定で利用できる。利用終了後は、アカウントやユーザーデータは削除され、閲覧できなくなるという。

(Security NEXT - 2020/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
「Emotet」の感染や個人情報流出調査を無償提供 - SHIFT SECURITY
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン