Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起

ソフトバンクは、ショートメッセージ(SMS)で同社や正規企業を装い、フィッシング攻撃や詐欺行為が行われているとして注意喚起を行った。

20200310_sb_001.jpg
偽SMSが正規SMSと同じスレッド内に表示される(画像:ソフトバンク)

送信元をなりすまし、同社が送信したSMSと同じスレッド内に表示されるフィッシング攻撃が行われていることから注意を呼びかけたもの。

送信元によって真偽を判別できず、正規のSMSと誤解するおそれがある。

こうした手口では、海外からSMSを送信しており、送信元として文字列を設定。正規事業者と同じ文字列を指定しているため、同じスレッド内に表示される。

特にあたらしい手口ではなく、同様の問題について、これまでも日本サイバー犯罪対策センターやNTTドコモなど、広く注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
警察庁かたるSMS、偽アプリなどへ誘導
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
警視庁を装うSMSに注意、「差押最終通知」などと不安煽る
国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
ISMS踏まえてDXセキュ対策の考え方など解説した資料 - JIPDEC