Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規と同スレッドに表示される偽SMS - SBが注意喚起

ソフトバンクは、ショートメッセージ(SMS)で同社や正規企業を装い、フィッシング攻撃や詐欺行為が行われているとして注意喚起を行った。

20200310_sb_001.jpg
偽SMSが正規SMSと同じスレッド内に表示される(画像:ソフトバンク)

送信元をなりすまし、同社が送信したSMSと同じスレッド内に表示されるフィッシング攻撃が行われていることから注意を呼びかけたもの。

送信元によって真偽を判別できず、正規のSMSと誤解するおそれがある。

こうした手口では、海外からSMSを送信しており、送信元として文字列を設定。正規事業者と同じ文字列を指定しているため、同じスレッド内に表示される。

特にあたらしい手口ではなく、同様の問題について、これまでも日本サイバー犯罪対策センターやNTTドコモなど、広く注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
「メルカリ」装うフィッシングが急増 - なりすましのメルペイ不正取引も発生
10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準