Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽求人情報で個人情報を収集する手口 - 証明書写しなども要求

さらに身元調査や業務のトレーニング、業務で必要となる機器の購入などと称し、最初の給与で払い戻しするなどとだまして送金させた後は、連絡が途絶えるという。

米連邦捜査局(FBI)のまとめでは、ひとりあたり約3000ドルの被害が発生しており、クレジットカードの信用情報の毀損などが生じていた。

面接には、対面やビデオ会議は行わず、メールアドレスを使用した電話会議アプリを使用するなど不審な点も多いと指摘。

同センターでは、重要な情報は対面で提供したり、企業の身元を確認するなど注意し、クレジットカード情報を送ったり、オンラインで送金を行わないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
徳島市の偽サイトに注意 - 個人情報詐取されるおそれ
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
「出前館」のフィッシング攻撃に注意 - 「自動退会処理」と不安煽る手口
投資求める偽サイトに注意喚起 - 住友商事
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意